インテリアを変えたいと思う

インテリアの配色を覚えることは、部屋作りにおいて非常に重要です。色の割合を知ることで、まとまりが出せます。

インテリアを変えたいと思う

インテリアの配色について

おしゃれな部屋を作る時は、家具そのものだけに頼ってはいけません。インテリア上級者は、おしゃれな部屋を作るのに重要なことは、色の使い方だと言うことを知っています。配色の基本を抑えておかないと、地味だったり何か変だったり、とてもおしゃれな部屋は作れません。理想としては、部屋に使う色は3色にしたいです。インテリア上級者なら、これ以上の色を使ってもきっちりまとめることができますが、初心者が部屋にたくさん色を取り入れると、まとまりを出すことはほぼ不可能に近いです。まずは、ベースカラーとメインカラーとアクセントカラーの割合を覚えることです。

ベースカラーは床と壁と天井で使われ、部屋の大半を占める色です。ベースカラーは部屋全体で70パーセント位になるようにします。メインカラーは部屋のテーマを決めるカラーです。カーテンやソファ、ベッドと言った大きめの家具に取り入れることが多く、部屋全体で20パーセントから25パーセントにするといいです。アクセントカラーとは、いわゆる差し色のことで、部屋全体の5パーセントから10パーセントにするのが理想的です。クッションやラグなどの動かしやすい家具に取り入れることが多いです。

Copyright (C)2017インテリアを変えたいと思う.All rights reserved.