インテリアを変えたいと思う

地震が起こった時、人がいる場所にインテリアが倒れないように、位置や向きを考えて配置することです。

インテリアを変えたいと思う

インテリアの置き方について

最近の新築マンションなら、地震に強い構造のものが多いのでそこまで不安ではないですが、築年数が古い建物に住んでいる場合は、自分で地震対策をしなくてはいけません。一戸建てなら耐震リフォームをする、賃貸物件に住んでいる場合は、自分一人の力で建物をどうこうできないので、新築の地震に強い構造の賃貸物件に引っ越すなどがあります。しかし、それらはかなり高額な費用がかかります。こう言った方法以外で地震から身を守るには、部屋のインテリアの置き方を考えてみることです。これは非常に重要になってきます。もしお金が充分にあって耐震リフォームをしたり、新しい物件に引っ越ししたとしても、部屋のインテリアの置き方が悪ければ、地震から身を守ることは難しいです。

地震時に倒れても大丈夫な場所に大きな家具は置くことです。背の高い本棚が倒れた時、その範囲内にベッドやソファがあってはいけません。倒れないように転倒防止器具を使えばいいと思うかもしれませんが、大規模な地震では器具を使って対策をしていても、倒れることがあります。人がいる場所に倒れないように、位置や向きを考えて配置することです。できれば、本棚の前はオープンスペースにしておくといいです。

Copyright (C)2017インテリアを変えたいと思う.All rights reserved.