インテリアを変えたいと思う

本来インテリアとは言えないものでも、工夫しだいで充分部屋を演出できます。一例として子供のおもちゃです。

インテリアを変えたいと思う

インテリアでないものをインテリアとして使う

部屋を飾ったり演出するには、インテリアは欠かせない存在です。こういったものは主に雑貨屋で購入する事ができますが、そこで販売されているものだけではなく、意外なものが実は立派にインテリアとして使えるパターンもあります。一例としては、子供のおもちゃです。実際私が使っているものを紹介すると、ミニカー、ビー玉、シールです。ミニカーは、中には非常にリアルで、実際の車種がミニカー化されているものもあり、工夫すれば、一種のミニチュアを演出する事ができます。ビー玉は、ガラスのビンに入れてあります。もうひと工夫するなら、まれにしか見かけないジュースのロゴが入ったペットボトルに入れてみるのも面白いと思います。シールは、飾りの意味でも使えますし、何かを隠すにも使えます。とれないしみが一カ所ある、そんな時は、シールを貼って、隠すと同時に演出の効果をもたらしてもいいと思います。

ミニカーにもビー玉の入れ物にも、シールにも多くの種類があるので、自身の好みを部屋を作りだす事は充分に可能です。あからさまなインテリアだけでなく、このように本来全く別の用途のものを代用、工夫して部屋を作ってみるのも、個性が引き立つと思います。

Copyright (C)2017インテリアを変えたいと思う.All rights reserved.