インテリアを変えたいと思う

色使いや家具選びなど、一人暮らしの時の部屋のインテリア作りに関してのポイントについて書いてみました。

インテリアを変えたいと思う

一人暮らしのインテリア作りのポイント

進学や就職など、実家を離れて初めて一人暮らしをするきっかけは色々あります。見知らぬ土地での一人暮らしは不安もありますが、新生活への期待と楽しみも多いものです。その中でも新しい住まいは自分の頼りになる生活拠点でもありますから、住んでいて住み心地の良い部屋にしたいものです。また、恋人や気になる異性を部屋に招く機会も出てくるものです。そのような時のためにも、部屋のインテリアには気を配っておきたいものです。

とは言っても、一人暮らしの部屋では、生活用品や家具などが溢れてゴチャゴチャしてしまうのが誰でも思い悩む事です。オシャレで快適な住まいとは、まず第一に狭い部屋を広く見せる、広く感じさせることにあるといえます。部屋を広く見せるためのポイントとして、色使いが大切なポイントとなります。統一感をもたすために部屋の中にベースとなる色を決めて、それに家具や家電などの色を決めていきます。部屋で大きな面積を占める壁や床の色に近いものにしていくと、すっきりと広く見せることができます。家具の高さを低くする事も部屋を広く見せるポイントです。部屋に入った時に目につくものが少ないため、圧迫感がなくゆったり感がでてきます。反対に、床から天井まで造り付けの家具が壁面いっぱいになっている場合は、むしろスッキリとして狭さを感じさせないので、予算があったら壁面収納家具をお勧めします。

Copyright (C)2017インテリアを変えたいと思う.All rights reserved.