インテリアを変えたいと思う

インテリアは部屋を飾り付けるということだけでなく、住む空間として機能的になることや、美しくなる為にあると思う。

インテリアを変えたいと思う

インテリアで「空間」を創りだす

インテリアで大切なことはそのこに住まう人に「苦」にならないこと。インテリアがすごすぎて、自分や家族が落ち着かなかったり、気分がこわばってしまったりしては何の意味もないですよね。住まう人が落ち着いて暮らせる空間をインテリアが生み出さなくてはいけないと思います。単身で暮らしている方の場合はそれこそ自分の好みのインテリアを追及するかと思いますが、家族と暮らしている方や、そこに招かれた来客者たちへの気配りも必要です。誰しもがそこにいて心地よい、リラックスできる、気持ちよく暮らせるインテリアこそ、本来の意味に成し得るのではないでしょうか。大切なことは自分のエゴや見栄に捕らわれることなく、本当に自分らしく肩の力を抜いてリラックスできる空間をインテリアで創りだすことだと思います。

それからもう一つ大事なことは、「美」を追求しすぎて使い勝手が悪かったり、毎日の生活に不都合が出るようなインテリアではだめだということ。デザインが凝りすぎて実際には使い勝手の悪いインテリアだったり、デザインを重視しすぎて座り心地の悪い椅子だったり、そんなものはぜんぜん美しいとは言えないのです。本来の使用目的として立派に機能を果たしてこそ初めてその「物」は美しいと言えるのです。そして価値のあるものとなるのです。機能的でないものはどんなにデザインや色使いが美しくとも、それは本当に美しいとは言えないのです。

インテリアは少し肩の力を抜いて、自分自身も本来の機能を満たせる空間でなくてはなりません。その空間で呼吸をして息苦しくないものを。心がリラックスできるものを選ぶのが先決です。自分がどんなものが好きなのかわからない人は、初めは自分がいいなと思った小さな小物から、それから少しずつ面積の大きいものへ移行して選んでいくといいと思います。インテリアは自己表現の場であると思いますが、それ以上に自分をリラックスさせる場でもあります。気取りすぎず、肩の力を抜いて、そして少しだけ遊び心をそえて選ぶととっても素敵な空間になると思います。

Copyright (C)2017インテリアを変えたいと思う.All rights reserved.