インテリアを変えたいと思う

インテリアでなりたい自分に近づくことが出来ます。服を選ぶようにインテリアを選ぶ。ポイントを押さえる方法です。

インテリアを変えたいと思う

インテリアでなりたい自分に近づく方法

インテリアと一言でまとめても、実は様々な種類があります。テーブルや椅子、ランプや棚など、インテリア自体の種類があり、さらにそこから派生するインテリア(ランプならテーブルに置くランプなのか、部屋全体を照らす為の照明なのか等)があり、非常に奥深い世界に思います。

そして、インテリアは視覚的に人の心に働きかける作用があり、髪を切る・ファッションを変えるなどのイメージチェンジと同様に視覚から心に働きかけることで、なりたい自分に近づくことが出来ます。例えば、お姫様が使っているかのような装飾が施されたドレッサーやミラー。色味もやさしいパステルやスモーキーなカラーが多く、レース素材やローズ柄がポイントとして使われているような部屋だと、自然と女性性を高め「愛らしい」「可愛い」「エレガント」と言ったイメージの自分にシフトして行けます。また、逆にブラウンやモスグリーン、ブラックなどのカラーを使用し、素材も無骨な印象を与えるアイアン(鉄)や木材、錆・汚れ加工が施された家具に囲まれて生活をすると、自然と男性性を高め「カッコいい」「レトロ」「ダンディ」と言ったイメージの自分にシフトして行けます。なりたい自分によって少しずつ家具を変えて行ったり、また何か一点こだわりを持ってチョイスをすると、センスの光るインテリア生活を楽しめると思います。

Copyright (C)2017インテリアを変えたいと思う.All rights reserved.